代謝物受託製造の株式会社TOPUバイオ研究所

医薬品・食品由来成分の代謝物の受託製造、代謝スクリーニング試験、代謝物標準品の提供を行っています。

Blu

HOMETOPUニュース ≫ [学会発表]日本フードファクター学会 11/19-20 ≫

TOPUニュース/ニュース&トピックス

[学会発表]日本フードファクター学会 11/19-20

2016年11月19日~20日に、富山国際会議場 大手町フォーラム(富山市)で開催された第21回 日本フードファクター学会 学術集会において、当社関係者の下記6題の演題が発表されました(共著含む)。多数の方々にご参加いただき誠にありがとうございました。
〈演題番号/発表日/演題/当社関係者〉
YIA-26 11/19
・抱合代謝酵素発現酵母を用いたビタミンE代謝物生合成技術の開発(西川美宇 共著)
P-30 11/19
・セサミン投与ラット体内における代謝物解析(西川美宇 共著)
P-31 11/19
・薬用植物由来有効成分であるペンタガロイルグルコースのグルクロン酸抱合代謝(藤井美春 原著、西川美宇 共著)
P-32 11/19
・薬物代謝酵素発現酵母を用いたフラボノイド代謝物調製法(西川美宇 原著)
O-9 11/20
・セサミンの代謝および医薬品との相互作用(西川美宇 共著)
O-10 11/20
・抱合酵素発現酵母株を用いたメチル化ケルセチンの抱合代謝解析(西川美宇 共著)
日本フードファクター学会(Japanese Society for Food Factors,略称:JSoFF)とは:
大学、公立研究機関、企業など所属にかかわらず、食品科学、医学、薬学、栄養科学、など広く食品と健康に関連した分野での新しい研究を推進すると共に、自ら研究活動を積極的に進める研究者の情報交換、交流、親睦をはかり、人類の健康増進に寄与することを目的とする学会です。(学会会則より)
なお、今回の第21回学術集会【富山】の大会委員長は、弊社取締役でもある榊利之(富山県立大学工学部生物工学科 機能性食品工学講座 教授)が務めています。

新着情報はこちらから

モバイルサイト

TOPU BIO ResearchスマホサイトQRコード

TOPU BIO ResearchモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!