代謝物受託製造の株式会社TOPUバイオ研究所

医薬品・食品由来成分の代謝物の受託製造、代謝スクリーニング試験、代謝物標準品の提供を行っています。

Blu

HOME ≫ TOPUニュース ≫

TOPUニュース/ニュース&トピックス

第4回 富山・バーゼルジョイントシンポジウムに参加

2016年8月25日~26日に、スイスのバーゼル大学で開催された「第4回 富山・バーゼルジョイントシンポジウム」に参加し、ポスター発表を行いました。
「富山・バーゼルジョイントシンポジウム」は、平成21年10月に石井隆一(いしい たかかず)富山県知事を団長とする友好交流訪問団が「世界の薬都」と呼ばれるスイスのバーゼルを訪問し、交流協定を締結したことを踏まえ、定期的に開催されている国際学術シンポジウムです。当社では、以下のポスター発表を行いました。
【演題】Whole cell-dependent synthesis of drug metabolites using genetically engineered yeast cells -Applications for study on drug and food metabolism using bio-engineered yeast cells-
(TOPUBIO RESEARCH 
Co., Ltd. Japan)
※「いしい たかかず」の「たか」の漢字は、正しくは「隆」の「生」の上に「一」が入った字体です。ホームページでは、この字体を表示できないため、「隆」を用いています。

当社技術が情報誌に掲載されました

「ドージンニュース No.157(2016年7月発行)」に当社の代謝物生合成技術に関する記事が掲載されました。
ドージンニュースは、生化学関連試薬や分析関連試薬、機能性有機材料などを扱う株式会社同仁化学研究所(DOJINDO LABORATORIES、www.dojindo.co.jp)が定期発行している情報誌です。
記事タイトル:「薬物代謝酵素発現酵母を用いたヒト代謝物生産システム」 西川 美宇・生城 真一・榊 利之
・ドージンニュース http://www.dojindo.co.jp/dojinnews/index.html
・ドージンニュース 157号 pdf版 (Size:7.82MB)

論文掲載のお知らせ

当社のグルクロン酸抱合体生合成に関する論文がmolecular pharmaceutics オンライン版に掲載されました。molecular pharmaceuticsは、米国ワシントン州に本拠地を構え、化学分野の研究を支援する学術専門団体の「アメリカ化学会(American Chemical Society、略称:ACS)」が発行する学術誌です。
<molecular pharmaceutics>
Biosynthesis of Drug Glucuronide Metabolites in the Budding Yeast Saccharomyces cerevisiae

取締役会で新社長が選任されました

2016年6月2日に開催されました取締役会において、西川美宇(にしかわ みゆう)が株式会社TOPUバイオ研究所の代表取締役社長に選任されましたので、お知らせいたします。今後は、この新体制の下、さらなるサービス向上とともに、新たなサービス開発にも取り組んで参ります。

新着情報はこちらから

モバイルサイト

TOPU BIO ResearchスマホサイトQRコード

TOPU BIO ResearchモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!