医薬品代謝物調製・代謝物合成なら株式会社TOPUバイオ研究所

医薬品・食品由来成分の代謝物の受託製造、代謝スクリーニング試験実施、受託分析承ります。

  • TOPUバイオ研究所
  • TOPUバイオ研究所
  • TOPUバイオ研究所

HOME ≫

TOPUバイオ研究所のご案内

TOPUバイオ研究所は、代謝研究を通じて創薬や機能性食品の開発を支援いたします。

新着情報はこちらから

>>>TOPUニュース/ニュース&トピックス
学会発表、論文掲載、展示会出展、メディア掲載など、株式会社TOPUバイオ研究所の情報を随時発信しています。ぜひご覧ください。

コンセプト

代謝物合成システム
TOPUバイオ研究所は、
薬物代謝酵素を発現させた遺伝子組換え酵母を用いて、「代謝物の受託製造」や「代謝物標準品の販売」など様々な事業を展開しています。
硫酸転移酵素(sulfotransferase,SULT)代謝物にも多くの
取扱い実績があります。

 
医薬品や環境汚染物質、ポリフェノールを含む一部の機能性食品成分などは体に入ると「生体外異物」として認識されます。これらの成分は体内に入ったあと、「薬物代謝酵素」とよばれる種々の酵素によって代謝され「代謝物」となります。
 
多くの代謝物は元の化合物より活性を失っていますが、一部の代謝物では元の化合物よりも高い活性を有するケースがあり、これが医薬品や機能性食品等の副作用や効能の要因となる場合があります。
したがって、医薬品や機能性食品等の開発には、元の化合物だけでなく、その代謝物についても安全性および機能性の評価を行うことが重要になります。
 
しかしながら、有機合成でこれらの代謝物の製造が困難な場合には、十分な評価を行うことができません。

株式会社TOPUバイオ研究所では、薬物代謝酵素を発現させた遺伝子組換え酵母を用いて、「代謝物の受託製造」のほか「代謝物受託分析」「代謝物標準品販売」などの様々な事業を展開しています。

 
◆圧倒的な品揃えの酵素分子種で、幅広い化合物に対応します。硫酸転移酵素(sulfotransferase,SULT)にも多くの取扱い実績があります
⇒⇒⇒酵素源はこちらから

有機合成では困難な位置選択的代謝物も製造可能です
⇒⇒⇒製造例はこちらから

基質化合物の構造を開示いただく必要はありません
 

代謝物受託製造の流れ

弊社における「代謝物の受託製造の流れ」をご紹介します
弊社では、薬物代謝酵素を発現させた遺伝子組換え酵母を用いて、種々の代謝物調製が可能です。また、酵母以外の宿主を用いた発現系のほか、動物肝ミクロソームも酵素源としてご利用いただけます。
代謝物に関して何かお困りのことがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。



お問い合わせはこちら

お問い合わせ
TEL: 0766-56-0155
[定休日]土・日・祝日
本社
〒930-0055
富山県富山市梅沢町2-9-1
射水研究所
〒939-0398
富山県射水市黒河5180
(富山県立大学内)
TEL: 0766-56-0155

新着情報はこちらから

モバイルサイト

TOPU BIO ResearchモバイルサイトQRコード

TOPU BIO ResearchモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!